10/03 イタリア買い付け旅行記 -シチリア⑤-


ラグーサのオリーブオイル搾油所をあとにして15時半出発。ナビによれば、20時前には宿に着くそうな。しめしめ。これであの宿の美味しい夕食にありつけるかも!?と思ったのもつかの間、途中のシャッカ手前で大渋滞。45分をロスしてしまう。さらに、やっと宿の周辺までやってきたのに、宿の場所がどう探してもわからない!仕方なく、近くの大きな町マルサラまで降りてみたものの燃料がほぼゼロに近いため急遽、給油を試みる。これが最悪の結果を招くとも知らずに。そうこうして2時間ほどホテル周辺をウロウロ・・・。

やってもうた。。。

グーグルマップと宿のウェブサイトを念入りに調べインプットしてやっとのこと、宿にたどり着いたのが予定よりも2時間遅れの夜10時半。やはり最初にウロウロした場所が実は正解だったのだけど、真夜中で全く光がなく約200メーター近くにあった宿を探すことができなかったわけです。うーん・・・。外付けナビ(今回はレンタカー屋がオプションで用意していたTOMTOM)を使う際は、北緯東経何度かが重要だということがわかりましたが時すでに遅し。目指した宿のレストランはすでに終わっていました。。。

宿のレセプションが心配してくれていて、ヘロヘロに疲れた自分を見て気遣ってくれ夜食を用意してくれました。フルッティ・ディ・マーレ(海の幸)サラダ。もちろん、ワインは極上の白ワイン「Abbadessa(アッバデッサ)2016」です。このワインに惚れ込んでこの宿を毎年訪ねることになった次第。せめてもの救いのワインでした。

本日のトラブルおさらい。

その①ノートの狭い道でブレーキがきかず柵を乗り越えてしまい車に多数の傷とともにナンバープレートが壊れて外れる。 その②ナビゲーションがいまいちで夜のマルサラを2時間ウロウロして夕食にありつけず。 その③ガソリン車にもかかわらず、てっきりディーゼルと思い込んでスタンドでセルフ給油。どうも様子がおかしいなと思ったら、翌朝完全に動かず。そのままホテルに預けることになってしまったのでした。

<詳細>

その①ノートの街はとても狭いのに観光客が大挙押し寄せるため道路は常に満杯状態。その隙間を狙ってパーキングを試みるのだけれど、今回知らずにどんつきの場所に突っ込んでしまったのです。そこはチェーンでブロックされていて、バックしようとしたところギアが入らず車はスルスルと前進しあれよあれよという間にチェーンを止めていた杭を地面から車が引っこ抜きさらにボンネットをチェーンがギザギザに傷つけて止まった次第。とっさにサイドブレーキを引けばよかったけど思いつかなかった。ケアレスミスですな。

その②ほんっとに簡易型ナビは嫌い。何と言っても検索しづらい!ホテル名とか登録されていれば良いのに、なんとかストラーダだのヴィアだの、果ては北緯何度東経何度でしか調べることがかなわないなんて、おかしくない?日本のナビは至れり尽くせりだと思うよ。海外でナビするならむしろグーグルツナいた方が早いと思うけど、これまた僻地では電波が届かなかったり不安定。なんとかならんかね?

その⑶これが一番辛かった。悪いことに翌朝急ぎタクシーでパレルモ空港に向かうも飛行機に間に合わず乗り遅れるという事態に発展。この辺りは日本人がよくやるキツキツのスケジュールを組んだ弊害です。こんなことがないように、くれぐれもゆったりとしたスケジュール組を特にイタリアの場合はお勧めします。

まあこの程度で済んだと思えば気が楽です。次いこいこ!

#旅 #旅行 #シチリア #トラーパニ #マルサラ

117回の閲覧
  • Facebook Basic Black
  • Black Instagram Icon
  • Pinterest Social Icon

© 2019 Ryoji Shimizu