• Facebook Basic Black
  • Black Instagram Icon
  • Pinterest Social Icon

© 2019 Ryoji Shimizu

9/29 イタリア買い付け旅行記 -フィレンツェ②-


夕食の予約は20時。彼らの家がある山の中から車で10分程度の街ボルゴサンロレンツォへ。意外と大きな町で、大きなスーパーマーケットやレストラン、バールなど大抵のものは揃っている。中心部にあるレストラン「CONVIVIO」へ。最近の彼らのお気に入りだ。

白ワインと共に出された前菜の一つだった肉詰めがとても美味。翌日もポルペッティーニ(肉団子)をいただいたが、トスカーナはひき肉料理がいけてる。プリモピアットは二種類のパスタ(手打ちのキタッラ)を。一つはくるみのペーストやピスタチオをまぶしたオイルベースのもので、もちろん伝統的なメニューではない。聞けば最近はシチリア産のピスタチオなどもふんだんに入手できるのであまり郷土料理にはこだわらないようだ。進化しているね。メインは伝統的な牛肉のタリアータ。外側以外、ほぼ生です。でも甘さがあるお肉らしい味でした。

調子に乗ってランプレドット(内臓肉の煮込みをパンに挟んで食べるフィレンツェ名物のハンバーガー)まで頼んでしまったところ、あまりにもボリュームが多いので残りをお土産にしてもらった図。そして我々3人はカフェを楽しんだ後にジェラート屋に向かうのでした。

シチリアならではのメニュー「ジェラート・コン・ブリオッシュ(ジェラートをプリオッシュパンに挟んでいただくもの)」まである手作りのジェラート屋さん。これは期待が持てそう。

これも最近の潮流で、ジェラートを工場で作って搬入したものを売る今までのスタイルよりも、こうした丁寧な手作りのジェラートが人気がある。手間暇かけるだけあって、味わいも実に満足のいくものでした。ごちそうさま!

#旅 #旅行 #フィレンツェ #トスカーナ

103回の閲覧