9/28 イタリア買い付け旅行記 -チェターラへ-


サレルノ行きの新幹線の切符は昨夜、テルミニ駅に着いた時に購入しておいた。自分の旅の場合、飛行機やレンタカーは出国前に手配し、鉄道は着いてからという感じ。それも乗る前日に。なぜかといえば、どんなことが起こるかわからないし、予定も未定の部分が多くて臨機応変な旅が常だから(旅行の心得)。旅というものはガチガチに組み立てては面白くない。何事も時間を要するイタリアでは特に無理だから。

イタリア新幹線ユーロスターまたはイタロ(フェラーリと共同開発したイタリアンレッドの新幹線)終着駅サレルノ。南イタリアの旅の出発点はやはりナポリかこのサレルノどちらかでしょう。なぜならば、その2都市の間には世界でも類い稀に素敵なので大勢のセレブに愛されているあの「アマルフィ海岸」が横たわっているから(山の方はレモン街道がうねうねと続く)。白い地味な駅舎を出て数分歩くと、波止場に着く。ここから、チェターラ、マイノーリ、アマルフィ、ポズィターノそしてカプリなどの観光地に向かう船が出ている。安価だし、やはり船旅がふさわしい。

非売品のキャップをかぶって。日中の日差しが半端ないです。

サレルノに予約したホテルが思いがけず遠方に位置(15キロほど)していたため、昼過ぎにチェックインしてからえっちらおっちらとチェターラに到着したのは午後5時を過ぎてしまっていた。旅先では、思いがけず時間がかかることが多いのだ。残念だけれど今回の目的だったコラトゥーラのスパゲッティを食すことは叶わない。でも、その間に街を徘徊して得たものがある。そう、コラトゥーラだ。幾つかの店で購入し、地元の人に尋ねてみたところ、やはり良質のものは「色」が大切だと解いてくれた(右と左を比較してみた)。

戦利品をゲットして、小さな町の小さな浜辺でアペリティーヴォ。おつまみに出されたグリーンオリーブの塩水漬けに、買ったばかりのコラトゥーラを足してみたところ、極上!!これは使わない手はないですな。。。というわけで、これからもきっとこの調味料にはまっていくだろうと想像できました。最終の船に乗り、サレルノへ帰還したのは午後7時を少し回ったところでした。

#旅 #旅行 #パスタ

0回の閲覧
  • Facebook Basic Black
  • Black Instagram Icon
  • Pinterest Social Icon

© 2019 Ryoji Shimizu